三田

  • 印刷
たたけばたたくほど両者後退するハプニングが起きた決勝戦=三田市天神1
拡大
たたけばたたくほど両者後退するハプニングが起きた決勝戦=三田市天神1
大人も子どもも全力でたたく=三田市天神1
拡大
大人も子どもも全力でたたく=三田市天神1
力士が規定の長さに収まっているかチェック(新弟子検査)=三田市天神1
拡大
力士が規定の長さに収まっているかチェック(新弟子検査)=三田市天神1
土俵周りには行司や審判、解説員も=三田市天神1
拡大
土俵周りには行司や審判、解説員も=三田市天神1
海外からの挑戦者もいた=三田市天神1
拡大
海外からの挑戦者もいた=三田市天神1

 会場に設置された特設の土俵。周りには行司や勝負審判が控え、伝統的な国技の始まりが予想される。ところが呼び出しとともに現れたのは、ゴリラにユニコーン、お姫様…? 手作り紙力士で競う「巨大紙相撲 さとのね場所」が三田市総合文化センター・郷の音ホール(兵庫県三田市天神1)で開かれた。ただの遊びと見くびってはいけない。笑いあり涙あり、本気のぶつかり合いが繰り広げられた。(喜田美咲)

 年齢や体格差にかかわらずイベントを楽しんでもらおうと、同ホールが初めて企画した。家族や友人と誘い合わせ、幼児からお年寄りまで12組71人が参加した。

 紙力士は畳サイズの段ボール2枚をくの字で立つよう張り合わせ、恐竜や動物など好きな形に切り、色を塗って作る。高さはおよそ180センチ。木製の土俵の上で力士の腕を組み合わせたら、思いっきり土俵をたたく。相撲と同じで、枠の外に出るか体の一部が先に地面に着いたら負けとなる。

 講師を務めたのは、アーティストユニット「KOSUGE1-16(コスゲイチノジュウロク)」として、巨大紙相撲を全国に広める土谷享さん(45)=高知県佐川町。自転車をこいでミニチュアの競輪選手を動かすレースゲームや、子どもが乗れる大きさのサッカーボードゲームなど、コミュニケーションを生むアートをテーマに各地で創作やワークショップを続ける。巨大紙相撲の全国巡業(ワークショップ)は2004年から始め、50場所以上で開いてきた。

 参加者は取組前のワークショップで、考えてきた力士を形にした。土谷さんはいい勝負になるように足や頭の大きさ、両腕の位置などに一定のルールを設けており、「新弟子検査」として下書きをメジャーでチェック。条件をクリアすると段ボールを切る作業に移れる。ポイントは足裏の角度で、前かがみの攻め型や安定の守り型など、それぞれの戦い方を決めていった。

 3世代でチームを組んだゆりのき台小学校5年の女児(10)は愛犬のキャバリアをイメージした「ちゃんこごっつぁんす部屋」の「ワンワンパンチ」(しこ名)を作った。ピンクの肉球がかわいい前足から繰り出す突っ張りが持ち味だ。松が丘小学校1年の女児(6)は自分をモチーフにした「キラキラ部屋」の「プリンセスアイドル」で勝負。周りをメロメロにして倒す作戦だといい、色ペンやテープで模様を付け、輝く瞳を描いた。

 「ピカチュウがよがっだぁぁ」。作業が大詰めを迎えたころ、男の子の泣き声が響いた。チームではゴリラを作っていたが、ピカチュウも作りたかったんだという。機転を利かせたスタッフが予備の段ボールを用意。母親がどのチームよりも早く作り上げ、笑顔を取り戻していた。

 はっけよい、のこった~ 合図とともに大人も子どもも一気に土俵をたたく。

 完成した12体は四つのリーグに分かれ、それぞれの1位が準決勝に進む。「今のは寄り切りになりますね。腕の角度がよかった」「見事なはたき込みです」。大阪相撲甚句会の協力のもと、相撲甚句の披露や、行司による進行、解説など、本物の相撲さながらの雰囲気で進められた。負けて涙する子を父親が抱きかかえて退場するなど、白熱した戦いを見せた。

 決勝戦。「ひがーしー、ユニコーンのゆりちゃん~」「にーしー、アスナロザウルス~」。勝ち抜いてきた2体が見合う。「のこった~!」。両者これでもかと土俵をたたく。

 しかしここで、予想外の展開に。たたけばたたくほど力士が離れ、外に向かっていく。先に枠線を踏まないようにと互いにたたく手を止め、沈黙が生まれた。足の裏が平らすぎると起こる現象だといい、審判の指示により双方が足の裏を斜めに削って再開した。

 最後はユニコーンに軍配が上がった。押し出されながらもバランスを保ち、相手が倒れるまでこらえた。準優勝のアスナロザウルスを作った児童(5)らは、あと一歩の悔しさをにじませながらも「土俵の奥のほうをたたいたらいいって分かった」とこつをつかんだ様子。家族5人で優勝した児童(5)は「大好きなユニコーンで勝ててよかった。ハート(の模様)がお気に入り」。片腕に息子を抱えながら健闘した母(35)は「娘がたたき方のこつを教えてくれた。家族一緒に楽しめてよかった」と笑顔を見せた。

 同ホールは紙相撲を毎年恒例の行事にしていく予定といい、土谷さんは「地域の特色が出ておもしろいので、三田独自の形で発展していってほしい」と話した。

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ