西播

  • 印刷
新鮮野菜や加工食品が並ぶ「ゆるん堂市」。買い物客と会話を交わす山田将史さん(右端)=たつの市龍野町川原町
拡大
新鮮野菜や加工食品が並ぶ「ゆるん堂市」。買い物客と会話を交わす山田将史さん(右端)=たつの市龍野町川原町

 徒歩圏内に買い物ができる店が少ない高齢者らを手助けしようと、兵庫県たつの市龍野地区の町家を改修した飲食店「ゆるん堂」が、毎月1回の野菜市を始めた。日頃、食材を仕入れている農家の無農薬野菜を中心に、こだわりのパンや焼き菓子も取りそろえ、食の面から安全・安心な暮らしをサポートする。

 同店は、山田将史さん(41)=相生市=が大工仲間らと一緒に1年かけて古い町家を改修し、2015年9月にオープンした。

 龍野地区では昨春、生鮮食品を扱っていた商店が閉店。山田さんは近所のお年寄りらの困った様子を目の当たりにし、野菜を販売できないかと考えた。

 龍野商工会議所の支援を受け、買い物弱者対策で集客を目指す事業者向けの国補助金を活用。店内の売り場の整備や冷蔵庫などをそろえ、昨年11月から月1回の「ゆるん堂市」を始めた。

 店頭には新鮮野菜のほか、パンやハーブティーの加工食品、無添加調味料など約30点が並ぶ。料理を食べに訪れた女性客らの口コミでファンも広がった。

 野菜を使った総菜など新たな展開を構想中という山田さん。「野菜をはじめ、こだわりの食品や雑貨を集めた場にしたい」と話す。

 ゆるん堂市は毎月第3金曜の午前11時半~午後3時。同店TEL080・8511・5344

(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(3月1日)

  • 12℃
  • 3℃
  • 20%

  • 12℃
  • -2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 2℃
  • 20%

  • 13℃
  • 1℃
  • 20%

お知らせ