西播

  • 印刷
児童と記念撮影をする北磻磨関(後列中央)ら=たつの市揖保町西構
拡大
児童と記念撮影をする北磻磨関(後列中央)ら=たつの市揖保町西構

 大相撲春場所が12日から始まるのを前に、兵庫県たつの市揖保町出身の北磻磨(きたはりま)関(30)=本名・嶋田聖也、山響部屋=が9日、母校の揖保小学校(同市揖保町西構)を15年ぶりに訪問し、児童と交流した。

 同校の教師が昨夏、不断の努力で夢に向かって突き進む先輩の姿を描いた紙芝居「北磻磨物語」を作成。授業で見た2、3年生が手紙を書いたところ、北磻磨関が来校して受け取ることになった。

 児童約200人が待ち受ける中、同門の鳰の湖(におのうみ)(30)=大津市出身、弟の龍野湖(26)=本名・嶋田哲也=とともに関取が登場。目標を持って頑張る大切さを訴えた。

 同校6年の矢木大河君(12)は「先輩の姿を見習い、一人一人が夢に向かって挑戦していきます」とあいさつ。全校児童で力強いエールを送った。

 記念撮影では児童と一緒に写真に納まったが、3人は握手攻めでもみくちゃに。アイドル並みの人気に終始ご機嫌だった。北磻磨関は「温かい応援でうれしかった。再入幕に向かって集中してやりたい」と意気込んだ。

 鳰の湖は「声援の力は大きい。絶対に関取に戻る」。龍野湖も「何としても三段目に上がりたい」と目標達成を誓った。(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

  • 18℃
  • 14℃
  • 90%

  • 17℃
  • 15℃
  • 80%

  • 18℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ