西播

  • 印刷
買い物同行サービスを利用する住民と自家用車で送迎する運転ボランティアの男性(左)=相生市那波南本町
拡大
買い物同行サービスを利用する住民と自家用車で送迎する運転ボランティアの男性(左)=相生市那波南本町

 車が運転できない高齢者を送迎する「買い物同行サービス」が、兵庫県相生市矢野町で実施されている。住民ボランティアが自家用車で月3回運行し、1回当たり約10人が利用。運営する同町まちづくり推進委員会は「高齢化が進むと利用者も増えるはず。地域で助け合い、生活の足を守りたい」としている。

 同町では全世帯の約4割が65歳以上の高齢者世帯。地域の各種団体代表者らでつくる同委員会は数年前から、住民が支え合って地域内を自由に行き来できる交通システムを協議。昨年10月、ボランティアが自家用車で自宅から店舗まで送迎する事業を始めた。

 運転手は地域内で募り、現在4人が活動。利用者は年会費千円(運転手の保険料と事務費)とガソリン代の実費を負担する。送迎希望者は事前に登録し、運行日の前日までに担当者に連絡する仕組み。

 毎週木曜(第2木曜は除く)の午後1時から約1時間半、市内の商業施設を訪れる。20日は利用者9人がイオンタウン相生(同市那波南本町)で、食料品や医薬品などを購入した。

 同町小河の女性(82)は「独りではリンゴや砂糖、しょうゆなど重い物を買うと持ち帰りが大変。家まで運んでもらえるサービスは助かる」と喜ぶ。

 運転手を務める同町菅谷の男性(72)は「将来、免許を返納することになればサービスを利用したいので、継続できるように手伝っている」と話していた。(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(4月28日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ