西播

  • 印刷
池から顔を出す3匹の河童=福崎町西田原
拡大
池から顔を出す3匹の河童=福崎町西田原

 子河童も仲間入り! 兵庫県福崎町西田原、辻川山公園のため池から浮かび上がる機械仕掛けの河童に、小さな仲間が加わった。劣化が進んでいた大人の河童もデザインを変え、リアルな3匹が仲良く来園者を驚かせている。

 同町は「妖怪談義」などを著した民俗学者柳田国男(1875~1962年)の故郷。町は自叙伝にある河童伝説をヒントに2014年、観光の目玉として機械仕掛けの河童を作った。

 3匹は強化プラスチック製。子河童は顔をふっくらとさせ、怖さの中に愛きょうもある。手には人から抜くという想像上の玉「尻子玉」を持たせ、塗料でぬるぬるとした肌を表現して工夫を凝らした。

 一方の大人の河童は、尻子玉を食べようとするしぐさではなく、こちらの様子をうかがう表情に。町によると、3匹は親子ではなく、設定は今後、追加で発表する予定という。

 岡山市から訪れた女性(78)は「想像よりかわいかった。質感までリアル。楽しいまちおこしになっている」。町の担当者は「今まで泣いていた子どもにも楽しんでもらえるのでは」と話している。

 午前9時~午後5時に15分おきに現れる。町地域振興課TEL0790・22・0560

(三宅晃貴)

西播の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ