西播

  • 印刷
香気が漂う中、急ピッチで進むサンショウの摘み取り作業=たつの市新宮町下笹
拡大
香気が漂う中、急ピッチで進むサンショウの摘み取り作業=たつの市新宮町下笹

 西播磨地域でサンショウの実の摘み取り作業が本格化している。兵庫県たつの市新宮町下笹、集落営農型農業法人「ささ営農」の畑では16日から収穫がスタート。皮が固くなりすぎないよう短期で収穫するため、香気に浸る間も惜しんで作業にいそしむ。

 同法人によると、看板商品の一つにサンショウのつくだ煮がある食品加工会社・ブンセンの働き掛けをきっかけに年々、栽培面積を拡大。協力を得る太子、佐用町の個人農家にも指導を重ね、今季は約1・5トンの収穫を見込む。

 摘んだ実は全てブンセンが買い取り、地元産のみを使ったしょうゆ仕立ての総菜「極みざん 初摘み実山椒」として6月に発売する予定。

 同社の田中智樹社長(44)は「サンショウは鮮度が大切。産地が近くにあるので収穫の適期を見極め、規格に合った良質の原料を確保できる。新たな商品開発にも努めたい」と話す。(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 34℃
  • 15℃
  • 10%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 33℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ