西播

  • 印刷
大河ドラマ化を求めて、赤穂義士ゆかりの自治体で集めた約7万3千人分の署名(赤穂市提供)
拡大
大河ドラマ化を求めて、赤穂義士ゆかりの自治体で集めた約7万3千人分の署名(赤穂市提供)

 兵庫県赤穂市など赤穂義士ゆかりの全国32自治体が、忠臣蔵を題材にした大河ドラマの制作を求めて集めていた署名がこのほど、約7万3千人分に達した。活動の中心となった同市などが3日、NHK会長宛てに提出するといい、「忠臣蔵のドラマ化に懸ける思いを届けたい」としている。

 市によると、忠臣蔵を題材にしたNHK大河ドラマは過去4回あった。「元禄繚乱」が放送された1999年には、市内の観光客が約271万人を記録した。

 ドラマの誘致活動は2015年10月、明石元秀市長が忠臣蔵ゆかりの自治体が集う会合で、誘致を宣言したのを機に始まった。

 「忠臣蔵を大河ドラマへ」と記したポスターや垂れ幕を制作し、JR播州赤穂駅前や市役所庁舎に設置。昨年9月に署名活動を始めた。義士祭など市内のイベントで署名を呼び掛け、市役所に回収箱を設けるなどし、市内だけで約3万1千人分を集めた。

 活動には、剣豪で知られる堀部安兵衛の出生地、新潟県新発田市などゆかりの自治体も加わり、署名を呼び掛けたという。(西竹唯太朗)

西播の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ