西播

  • 印刷
土砂に覆われた町道=市川町下牛尾
拡大
土砂に覆われた町道=市川町下牛尾

 18日未明から朝にかけ、激しい雨が降った兵庫県播磨地域。市川町内では土砂崩れや浸水が相次ぎ、地域住民らが復旧作業に追われた。

 土砂崩れは、市川町浅野の播但連絡道路脇の斜面で発生したほか、浅野▽上瀬加▽下牛尾-の計4カ所で通行止めを伴った。同町下牛尾の町道では、山の斜面が崩れ、土砂や倒木が車道を覆った。同町は災害時の復旧についての協定を結んでいる建設業者に依頼し、トラックやパワーショベルを出動。土砂や木々の撤去作業を進めた。

 町内では3軒が床上、65軒が床下浸水した。同町下牛尾の民家では、近くの水路からの水があふれ、住居の一部が床上浸水した。住人の女性(65)は、近所の住民と共に、掃除や土砂の片付けなどに追われた。「これまでに経験のない大雨。短時間で一気に降ったので対策もできなかった」と疲れた様子で話した。

 同町下牛尾の河川では民家へ続く橋(幅約3メートル、長さ約6メートル)が、大雨で緩んだ護岸ごと崩れた。

 また、福崎町福田では、午前5時半ごろ、バイクで新聞配達中の男性が幅約2メートルの川に転落。近くで土のうを積む作業をしていた福田区長(69)らに救出された。(三宅晃貴)

西播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ