西播

  • 印刷
相生市内40カ所で開かれている「いきいき百歳体操」の教室=相生市旭4
拡大
相生市内40カ所で開かれている「いきいき百歳体操」の教室=相生市旭4

 高齢者らが取り組む筋力向上トレーニング「いきいき百歳体操」が、兵庫県相生市内で広がっている。市によると、約800人が公民館や個人宅など40カ所で週1回以上実践している。高齢者らからは「階段の上り下りが楽になった」「段差でつまずかなくなった」と効果を実感する声が上がる。

 百歳体操は2002年、高知市で開発された介護予防運動。相生市は14年7月に導入し、4人以上のグループに体操を録画したDVDを配布してきた。看護師や保健師が指導に当たり、友人同士や自治会単位での参加者が増えている。

 ほんまち商店街(同市旭4)では、ケアマネジャーの片岡昭子さん(67)が3年前、店舗の空きスペースで友人たちと体操教室を始めた。60~90代の約25人が週1~3回通っている。

 百歳体操は、水を入れたペットボトルを重り代わりに持ち、手や足をゆっくりと曲げたり伸ばしたりする。独自の運動も取り入れ、マットに横になって足を高く上げ、腹筋運動を繰り返している。

 参加者は2~3年間続けており、「筋力が付いた」と話す。体操後のお茶会も楽しみの一つになっており、仲間で商店街のイベントにも参加。子ども向けのゲームコーナーを出店した。

 体操に取り組む同市の女性(80)は「病院で体操の指導を受けたが長続きしなかった。ここでは話し相手がいるから週3回、欠かさず通えている」と笑顔で話した。(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ