西播

  • 印刷
しんこ細工をモチーフに描かれた作品。幅2メートル超の特大作品もある=たつの市御津町室津
拡大
しんこ細工をモチーフに描かれた作品。幅2メートル超の特大作品もある=たつの市御津町室津

 兵庫県たつの市御津町室津地区で26日から「八朔のひなまつり」が始まるのに合わせ、同地区の住民らが、ひな飾りに供えるタイをかたどった「しんこ細工」をモチーフに絵画11点を制作した。布に描いた魚が風に揺れるアート作品が港町の祭りを彩る。(松本茂祥)

 福祉事業所「NPO法人えびす」(同市)と、神戸芸術工科大(神戸市西区)が2008年から取り組むプロジェクトの一環。13年以降、アートを切り口に同地区の住民とも交流を深め、風景写真などをプリントしたショールを制作してきた。

 しんこ細工は、米粉などを材料にタイを模して作った供え物。魚2匹が鼻先を接して並び、祭りに欠かせない細工物とされる。

 絵画の制作は7月末、住民と同事業所の利用者、同大の大学院生約35人が参加して行った。10グループに分かれて約1・1メートル四方の布の半分に魚を描き、残りの半分を上から押し付けて絵の具を写し取るデカルコマニー技法を採用した。

 出来上がった11点の作品は、しんこ細工そのままに左右対称に魚が配置され、祭りのシンボルマークのような出来栄えに。

 室津小学校4年の女子児童(10)と同6年の女子児童(12)は「しんこ細工が作品になり、夏休みの思い出になった」。同事業所利用者の女性(46)は「魚が泳いでいるイメージで作った。みんなに見てほしい」と話す。

 作品は地区内の通りの軒先など4カ所に展示するといい、同大の谷口文保准教授(45)は「アートと伝統的な町並みが出合う新鮮な驚きを感じてほしい」と呼び掛ける。室津海駅館TEL079・324・0595

西播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 40%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ