西播

  • 印刷
香川県・引田地区のひな人形=たつの市御津町室津
拡大
香川県・引田地区のひな人形=たつの市御津町室津
ひな人形に供えるシンコ細工を配る園児たち=たつの市御津町室津
拡大
ひな人形に供えるシンコ細工を配る園児たち=たつの市御津町室津

 夏にひな人形を飾る伝統行事「八朔のひなまつり」が26日、兵庫県たつの市御津町室津地区で始まった。観光施設や民家20カ所でひな飾りや掛け軸を公開。港町の古い町並みを華やかに彩る。9月3日まで。

 江戸時代に記された「室津追考記」によると、1566年1月、室津の室山城が婚礼の最中に急襲され、花嫁が討ち死にした。花嫁の鎮魂のため、旧暦の8月1日を表す「八朔」にひな祭りを始めたという。

 戦後にいったん途絶えたが、地元のまちづくりグループ「室津を活かす会」が2003年に復活させた。

 この日は、地元の幼稚園児らが、米粉を使ったタイの形の供え物「シンコ細工」を住民と一緒に作り、ひな人形を飾る会場10カ所に配った。園児たちは人形の前に供え物を置くと、「おひな様、タイを食べてください」と声をそろえた。

 室津民俗館は、香川県の港町・引田地区のひな飾りを展示。3歳児を等身大で表現した市松人形が目を引く。江戸~大正時代の豪華なひな人形も並ぶ。

 室津海駅館では、地元の手芸作家の上山百代さん(80)が、色鮮やかな布で縫った市松人形の着物などを出品。各民家で、住民の手作りによるひな人形や吊しびなも展示されている。

 姫路市飾磨区恵美酒の女性(62)は「幼い子どもたちも地域ぐるみでひなまつりを盛り上げていて、町に活気を感じます」と話していた。

 27日午後7時~8時半にはフォークソングのコンサート、30日は石ころアートや絵手紙教室がある。海駅館TEL079・324・0595

(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ