西播

  • 印刷
開眼法要の後、早速、お参りする地域の人たち=佐用町西新宿
拡大
開眼法要の後、早速、お参りする地域の人たち=佐用町西新宿

 兵庫県佐用町西新宿の「おじいちゃんとおばあちゃんの花しょうぶ園」にこのほど、観音像が建立された。像に自由に触れてもいいようにと、「抱きつき観音」と命名された。

 西新宿地区には江戸時代前期から宝泉庵という寺院があり、信仰を集めてきた。しかし、長い年月で建物は朽ち果て、2000年代に入って、ご本尊の観音像のみを地区集会所に移し、地域でお祭りしている。

 自治会長で花しょうぶ園代表の三枝正雄さん(72)が、ご本尊の「分身」として新しい観音像の設置を思いつき、自費で建立した。御影石製で台座を含め高さ1・8メートル。住民ら約20人が集まって開眼法要も営まれた。

 三枝さんは「さまざまな願いを受け止め、地域の活性化にもつながる観音さんになれば」と話している。(横部章夫)

西播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ