西播

  • 印刷
「戌」の革細工を仕上げ、十二支を完成させた本間一彌さん=たつの市龍野町富永
拡大
「戌」の革細工を仕上げ、十二支を完成させた本間一彌さん=たつの市龍野町富永

 兵庫県たつの市が地場産業の皮革をPRしようと、毎年制作している干支の動物革細工で、来年用の新作「戌」が完成した。誰でも簡単に作れる置物として市内外の体験教室で人気を集める革細工は、2006年の「亥」から始まり、これで十二支すべてがそろった。

 市地場産業振興対策専門官として手掛けてきた本間一彌さん(75)=同市龍野町下霞城=は「毎年楽しみにしてくれているファンのおかげ」と目を細める。

 本間さんは元龍野市消防長。幅広い年代に皮革を愛好してもらいたいと、手先が器用だった本間さんが故西田正則市長から直々に指名された。

 ぬらすと曲げやすく、乾くと固まる革の特性を利用。完全オリジナルのデザインで、型抜きした1枚から立体的な造形を創り出せるのが魅力だ。

 図鑑などを参考に毎回デザインを練る本間さんが、十二支で最も苦労したのが「辰」。架空の動物だけに、空に向かって飛び立つ瞬間をイメージした巧みな表現は今も人気という。

 今回の「戌」は秋田犬から着想。愛くるしい表情と精かんさを備えた出来栄えで、親子が寄り添う姿はほほえましい。「思いやる心で明るい年になれば」と本間さんは願いを込める。

     ◆

 「戌」を含む動物革細工作りが楽しめる体験教室は23日午前10時~午後4時、同市御津町室津、道の駅みつ体験学習室である。

 予約不要。「戌」は800円。市商工振興課TEL0791・64・3158

(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ