西播

  • 印刷
栗を拾い集める参加者=佐用町豊福
拡大
栗を拾い集める参加者=佐用町豊福

 JR姫新線を利用して佐用駅で下車し、同駅と栗園の往復約14キロを歩く「栗拾いハイキング」がこのほど兵庫県佐用町で開かれた。同町や姫路市などから参加した親子連れら152人が爽やかな汗を流しながら、山里に実った秋の味覚を収穫した。

 同町などでつくるJR姫新線利用促進・活性化同盟会(事務局・たつの市)の主催で「チャレンジ300万人乗車作戦」の一環。

 同線を利用して集まった参加者は、駅前から主に県道沿いを約1時間半かけて歩き、同町豊福の豊福栗園に到着。約80アールの敷地内で、斜面を登ってトゲに気を付けながら栗を拾い集めた。

 栗園の近くでは、地元住民による野菜市やふれあい喫茶が開かれ、焼き栗の香ばしい香りが漂っていた。

 夫婦で参加した姫路市の主婦(63)は「たくさん拾えたので栗ご飯などいろんな料理に使って家族で食べたい」と話していた。(河尻 悟)

西播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ