西播

  • 印刷
農家自慢の野菜が並んだ農産物品評会=宍粟市一宮町東市場
拡大
農家自慢の野菜が並んだ農産物品評会=宍粟市一宮町東市場

 地元農家が自慢の野菜を販売する「ふれあい秋まつり」が11日、兵庫県宍粟市一宮町東市場のJAハリマで始まった。新鮮な約800点が並ぶ農産物品評会などがあり、多くの人々でにぎわった。

 宍粟市北部の一宮、波賀、千種地区を管轄するJAハリマが毎年開く。

 品評会には、特産品の丹波黒大豆、サトイモなど約50種類が並んだ。ハクサイやダイコンは、寒暖差が大きい中山間地域で育ったため、みずみずしく甘いという。

 グルメコーナーでは、ジネンジョうどんや、丹波黒大豆のご飯を販売。地元で生産されている手延べそうめん「揖保乃糸」を使った中華にゅうめんも人気を集めた。姫路市広峰の男児(5)は「冷たいそうめんも好きだけれど、温かいにゅうめんもおいしい」と笑顔だった。

 12日午前9時~午後4時はステージなど。近くの神戸小学校と山崎高校生活創造科による丹波黒大豆の洋菓子販売もある。JAハリマTEL0790・72・1234

(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ