播州皮革素材を身近に たつのに常設展示直売所

2018/02/18 05:30

新たにオープンした播州皮革工業協同組合の常設展示直売場=たつの市誉田町広山

 播州皮革工業協同組合(兵庫県たつの市)が17日、若手タンナー(製革業者)が生産した天然皮革素材を販売する常設展示直売場を、同市誉田町広山の同組合事務所内に本格的に開設した。 関連ニュース 姫路の不適切こども園「わんずまざー」廃園 市に届け出 中四国の理系新卒を誘致へ 姫路経営者協会が力

 国内有数の皮革産地をPRしようと、若手タンナーらでつくる「BANSHU LEATHER CLUB(播州レザークラブ、略称BAN-LC)」が中心となり構想を練ってきた。さまざまな手触りや色合いの皮革素材約300点を市価の約半額で販売する。
 この日は早速、革細工の愛好家らが展示直売場を訪れ、好みの色や質感の皮革素材を買い求めた。同市揖保川町の主婦(53)は「革でかばんやスマホケースを作っている。さまざまな柄や厚さ、柔らかさの革が選べるのでうれしい」と話していた。
 平日午前9時~午後4時。オープンを記念し、18日午前10時~午後4時、靴やかばん、小物など皮革製品約2千点も販売する。同組合TEL0791・62・3611
(敏蔭潤子)

神戸新聞NEXTへ
Read more!
神戸新聞NEXTへ