西播

  • 印刷
空き家や移住支援などの情報を集約した「かみかわくらす」。スマホ版も整えた=神河町寺前
拡大
空き家や移住支援などの情報を集約した「かみかわくらす」。スマホ版も整えた=神河町寺前

 兵庫県神河町はこのほど、公式ホームページ(HP)を空き家情報などを集めた移住希望者向けサイトを軸に刷新した。峰山高原のスキー場や越知川名水街道の写真を大きく配置したり、イラストとパステルカラーを駆使したりして、不評だった文字の羅列を大幅に減らした。約10年ぶりのデザイン変更で、町内外への魅力発信を強化する。

 費用は約500万円で、2月20日に旧HPから切り替えている。町外からの転入促進に最も力を入れ、住宅取得支援策に加え空き物件、子育て環境、就労・就農情報を関連サイト「かみかわくらす」に一元化した。「暮らす」に英単語「クラス(学級、品位)」をかけ、まとまりのある地域性と優雅な自然の魅力を込めたという。

 旅行会社の勤務経験があり、札幌市から来て2年目の神河町地域おこし協力隊、萩原真由美さん(34)が担当。今後は、現在3組にとどまる「移住者の声」を増やす。高校生までの対象拡大を目指す小中学生の医療費無料化といった子育て支援情報も充実させる考えだ。萩原さんは「スマートフォンにも対応させた。より多くの人に神河町の魅力が届けば」と話している。(井上太郎)

西播の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ