西播

  • 印刷
三村次郎左衛門をイメージした10作目のアコウバーガーとあこうぱんの鈴木誠社長=赤穂市加里屋中洲6
拡大
三村次郎左衛門をイメージした10作目のアコウバーガーとあこうぱんの鈴木誠社長=赤穂市加里屋中洲6

 兵庫県赤穂市加里屋中洲6のパン店「あこうぱん」が、義士をモチーフにしたご当地バーガー「アコウバーガー」の10作目を販売している。年に1回、義士の命日の2月4日に新作を出しており、今回は台所役人だった三村次郎左衛門(包常)がテーマ。社長の鈴木誠さん(48)は「もし料理を合作できるとしたら」とイメージを膨らませ、赤穂の塩で漬けた豚肉を生かした逸品に仕上げた。

 討ち入りの際、三村次郎左衛門は、吉良上野介邸の裏門を木槌で破る役割を担ったという。切腹を命じられた義士46人の1人で37歳で亡くなった。討ち入り3日前の日付で、赤穂の知人に手紙を寄せ、母親に討ち入りを伝えず欺いたと悔いた上で母親の身の上を案じたとされる。

 鈴木さんは同じ料理人として心を通わせて丹念に調理。豚肉に赤穂の天塩を掛けて3日ほど塩漬けにし、オーブンで約2時間、丹念に焼いた。ジャガイモのピューレを具とともに挟み、パンにはモッツァレラチーズや塩昆布を載せた。

 今回で10作となったことについて「四十七士の完成には85歳まで作り続ける計算になるが、生かしてくれる気がする」と話している。

 1個300円。平日8個、土日祝日20個限定。あこうぱんTEL0791・42・3565

(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ