西播

  • 印刷
江崎欽次朗さん
拡大
江崎欽次朗さん

 謡や囃子の講座「能ってこんなにおもしろい」が7月7日、兵庫県赤穂市中広の市文化会館ハーモニーホールで開かれる。「伝承民話と能」についての講座と、囃子「羽衣」を体験するワークショップがある。

 能楽の祖といわれる秦河勝が坂越浦に流れ着いたと伝わる赤穂市で、国立能楽堂が主催する。午後0時半から、ワキ方福王流能楽師で重要無形文化財総合指定保持者の江崎欽次朗さん(44)=姫路市=が「天女と羽衣、そして漁師をめぐる所作とお囃子の効果」をテーマに話す。先着50人。無料。

 午後1時半~4時15分にはワークショップを開催。囃子「羽衣」を鑑賞した後、謡は江崎さん、笛は竹市学さんらを講師に、参加した親子らが羽衣を中心に体験する。先着30人。1人500円。

 ともに要申し込み。市文化会館TEL0791・43・5111

(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ