西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 ボートレース尼崎を主催する兵庫県伊丹市が、相生市竜泉町に来年4月、場外舟券売り場「ボートレースチケットショップ相生(仮称)」の開設を予定していることが5日、分かった。姫路市の繁華街に立地するボートピア姫路(同市魚町)の“支店”と位置付ける。西播磨や岡山県から車で訪れる利用者の利便性を高め、新規開拓を目指す。

 予定地は、国道2号線の竜泉交差点から北東の空き地。計画によると、敷地約5千平方メートルに延べ約500平方メートルの鉄骨平屋と駐車場約130台分を整備する。舟券の発売、払い戻し窓口は6程度を予定する。

 県内の場外舟券売り場は、姫路、朝来、加東市など5カ所にある。伊丹市によると、国土交通省の許可には地元住民や市長の同意と、議会が反対していないことが要件となるが、計画の説明を受けた竜泉町の住民は自治会総会で賛成を決め、相生市議会でも6月4日の議会運営委員会で反対の意見はなかった。

 施設は午前8時20分~午後9時、全国のモーターボート競走場数カ所の映像を放映し舟券を発売。年間約363日営業し、1日の入場客数は延べ約370人、年間約13億4千万円の売り上げを見込む。年間売り上げの1%が環境整備協力費として相生市に支払われる。(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 0%

  • 31℃
  • 15℃
  • 0%

  • 31℃
  • 21℃
  • 0%

  • 32℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ