西播

  • 印刷
子どもたちの保育に当たる保育士。赤穂市では手厚い保育が求められる低年齢児の入所申し込みが増え、保育士不足が顕在化している=赤穂市中広、赤穂保育所
子どもたちの保育に当たる保育士。赤穂市では手厚い保育が求められる低年齢児の入所申し込みが増え、保育士不足が顕在化している=赤穂市中広、赤穂保育所

 兵庫県姫路・西播地域の各市町は4月1日現在で認定こども園や認可保育所の入所状況をまとめ、待機児童が発生していたのは、姫路市、赤穂市、太子町のみだった。赤穂市はこれまでゼロが続いていたが、本年度は8人が待機となった。特に0~2歳児の低年齢児の申し込みが増える一方で、必要な保育士の確保が追い付かない実情がある。

 2018年度、赤穂市内の入所申し込みは196人で、前年度より26人増えた。同市では、市立保育所と私立保育園、私立認定こども園の計8カ所で計459人を受け入れられる計算だが、手厚い保育士配置が求められる低年齢児を受け入れきれていない。

西播の最新
もっと見る