西播

  • 印刷
商業高校フードグランプリで大賞を受賞した相生産業高校ティピアスのメンバー=相生市千尋町
拡大
商業高校フードグランプリで大賞を受賞した相生産業高校ティピアスのメンバー=相生市千尋町

 相生産業高校(兵庫県相生市千尋町)広報部「ティピアス」が開発した播磨灘産カキのふりかけ「ふりカキ」が、全国39校が54品を出品した「商業高校フードグランプリ2018」(9月末、東京)で大賞を獲得した。今後、全国で販売される予定。

 大会は食品卸売業「伊藤忠食品」(大阪市)が13年度から開催。ふりカキは、相生市の水産会社が「蒸しガキ」を製造する際に出るエキスをかつお節に染み込ませ乾燥させた。

 生徒らは、高齢者から子どもまでの全世代に好まれる味を追求。カキの身を加えて風味を増し、乾燥させたトマトやホウレンソウも加えた。審査では「捨てられていたエキスを製品化し地域貢献にもなっている」と評価された。3年の女子生徒(17)は「何度も試作した苦労が報われた。全国に相生のカキを知ってもらえた」と喜んだ。

 ふりカキは、県の西播磨フードセレクションでも本年度のグランプリを受賞。13日午前11時にJR相生駅南の市観光案内所で、14日午前10時半にたつの市はつらつセンター(同市龍野町富永)で試食、販売がある。にんにく味噌や豆っこ大福など西播磨各地の商品も出展される。(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ