西播

  • 印刷
秋季例大祭の神事で奉納された浦安の舞=佐用町本位田甲
拡大
秋季例大祭の神事で奉納された浦安の舞=佐用町本位田甲

 兵庫県佐用町本位田甲の佐用都比売神社(見村吉久宮司)で30日、秋季例大祭があった。佐用郡内一の古社とされて親しまれてきた「さよひめさん」に町内外から多くの参拝客が訪れ、地元の女子小中学生による「浦安の舞」などを堪能した。

 同神社は、地名の由来にもなったとされる「狭依毘売命」という神がまつられ、播磨国風土記にも記述があるなど、1300年以上の歴史がある。戦国時代に焼失したが、江戸時代初期に再建。町内最大の神社で、佐用の秋祭りの締めくくりとして、毎年10月30日に例大祭が行われる。

 午前10時ごろ、神職や宮総代らが参道を通り、厳かに神事を執り行った。社殿では、本位田甲集落の小中学生4人がみこ姿で扇や剣などを手に「浦安の舞」を奉納。絵馬堂と呼ばれる舞台では、大正琴や上月太鼓、佐用中学校吹奏楽部の演奏などが披露された。午後には学校帰りの子どもらが列をなして静かに手を合わせていた。

 浦安の舞を披露した佐用中1年の諏訪有咲さん(13)と中村沙月さん(13)は「練習通りうまくできた。後輩に教えるのは難しいけど、大事に伝えていきたい」と話した。(河尻 悟)

西播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ