西播

  • 印刷
日本語作文コンクールで優良賞を受けたベトナム人実習生のレ・ティ・チャーさん=佐用町長尾
拡大
日本語作文コンクールで優良賞を受けたベトナム人実習生のレ・ティ・チャーさん=佐用町長尾

 兵庫県佐用町内の工場で働くベトナム人技能実習生のレ・ティ・チャーさん(22)が、公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)の「外国人技能実習生・研修生日本語作文コンクール」で優良賞を受けた。最優秀賞などに続く3番目の好成績で、全国各地の2151点から選ばれた。レさんは来春の帰国を前に「もっと日本語が上達したい」と意欲を語る。

 レさんは、ベトナム北中部にあるゲアン省の出身。2016年4月に来日し、グローリープロダクツ佐用工場(同町長尾)で実習生として勤務している。同工場は08年から外国人を受け入れている。

 町国際交流協会の教室に通いながら、日本語の学習に力を注ぐ日々。社員らに勧められて、受賞作の「日本で出会ったピンク色」を書き上げた。ベトナムでは、ピンクが幸せを表す色だという。

 母国でコンピューターについて学ぼうと大学に入ったが間もなく辞め、仕事にも就けず、作文の中でも「ため息ばかりの毎日で、人生とはつらいことだらけだと思っていた」と振り返るレさん。その頃に日本行きの話があり、国外に出たかったため、実習生として来日した。

 作文では、職場で使う工具が壊れ、リーダーに報告したがうまく伝わらず、注意を受けても反論できずに悔しい思いをしたエピソードを紹介。職場の男性が優しく話しかけてくれたり、冬に雲海を見に連れて行ってくれたりしたことをつづり、「(日本で)たくさんのピンク色に出会えたことで、自分自身が、ピンク色に近づけた」と結んでいる。

 12月に日本語能力試験を受け、「幅広い場面で日本語を理解することができる」という最も難しいレベルの「N1」に合格することが目標というレさん。「日本に来て、応援してもらった優しい人たちにありがとうと伝えたい」と話した。(河尻 悟)

西播の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

  • 12℃
  • 1℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 12℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ