西播

  • 印刷
佐用の魅力を詰め込んだ弁当とすまし汁、パウンドケーキ=佐用高校
拡大
佐用の魅力を詰め込んだ弁当とすまし汁、パウンドケーキ=佐用高校

 佐用高校(兵庫県佐用町佐用)家政科の3年生が、もち大豆のみそやしょうゆ、コンニャク、野菜など同町の特産品を使った弁当を創作した。古民家交流施設「お休み処 瓜生原」(同町平福)で10日に開かれる「佐用ハイスクール・フェア2018」で提供する。

 弁当作りは、食物コースの22人が、佐用の特産品や同校農業科学科で栽培した野菜や卵などの魅力を広めようと取り組んできた。本年度の家政科のテーマ「ユニバーサルデザイン」に合わせ、誰もが食べやすいよう意識し、具材の大きさや食感、量などを夏ごろから試食を重ねて調整した。

 和風ミートローフやかち割りカボチャグラタン、枝豆ご飯など8品。だし巻き卵を担当する塩江南心さん(17)は「味が濃すぎないように気を付けた。多くの人に味わって食べてもらえたらうれしい」と話す。

 すまし汁と、佐用特産のブランドトマト「夢茜」で作ったジャムを使用したパウンドケーキも付く。蔭山穂香さん(17)は「風味を生かすためにトマトのリキュールを取り入れた」と明かした。。

 フェアは午前10時~午後1時半。弁当は正午から提供する(先着40食、800円)。焼き菓子や皆田和紙を使った小物などを販売するほか、アクセサリーなどを作る手芸体験教室や生徒の作品展示もある。午前11時半と午後1時にはファッションショーも開く。同校TEL0790・82・2434

(河尻 悟)

西播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ