西播

  • 印刷
「雪の女王」を練習する劇団アルティスタのメンバー=赤穂市鷆和、赤穂西公民館
拡大
「雪の女王」を練習する劇団アルティスタのメンバー=赤穂市鷆和、赤穂西公民館

 兵庫県赤穂市を拠点に活動する劇団「アルティスタ」が来年1月6日、ハーモニーホール大ホール(同市中広)で市民ミュージカル「雪の女王」を上演する。アンデルセン童話を基に脚本したオリジナルの作品。小学生から社会人まで、メンバー約30人は「観客の心を揺さぶるミュージカルを」と練習に熱を入れている。(坂本 勝)

 劇団は1994年、劇団四季の元女優で赤穂市出身の演出家宮永あやみさん(48)と劇団代表で同市のピアニスト山村美知さん(48)が中心となり結成した。

 「雪の女王」は、真っすぐな少女ゲルダが、雪の女王にさらわれた仲良しの少年カイを取り戻すため旅に出る物語。赤穂では10年ぶり3回目の公演でこれまでも好評だった。演出や編曲を変え、2部構成で約2時間半の長編に挑む。

 昨年末に配役のオーディションを実施。ドイツ在住の宮永さんも帰国の際やインターネット電話のスカイプで稽古の様子を見ながら指導している。

 ゲルダ役の北國茉和さん(赤穂小6年)は「宮永さんから『表面上の演技ではなく、自分自身を出して』と指導された。お客さんの心が温まるように、明るく、天真らんまんな役柄を一生懸命演じたい」と意気込む。山賊の娘ライサ役の谷口明菜さん(赤穂西中1年)は「大人になり切れず、子どもっぽく感情的な役柄。怒りや悲しみを表現したい」と話す。

 午後1時半開演。前売りはS席(指定)1500円、A席(自由)千円。当日は全席1500円。実行委員会TEL090・5903・9771

西播の最新
もっと見る

天気(4月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ