西播

  • 印刷
レトロな建物が残る山崎地区の商店街に店舗を戻した安井書店=宍粟市山崎町山崎
拡大
レトロな建物が残る山崎地区の商店街に店舗を戻した安井書店=宍粟市山崎町山崎
外商部の事務所に隣接した新しい店舗=宍粟市山崎町山崎
拡大
外商部の事務所に隣接した新しい店舗=宍粟市山崎町山崎

 若者の活字離れやインターネット書店の台頭で地域の本屋に逆風が吹く中、兵庫県宍粟市山崎町の幹線道路沿いに大型店を構えていた安井書店がこのほど、創業の地である山崎地区の商店街に24年ぶりに店舗を戻した。売り場面積を8分の1に縮小して本の数を絞り込み、ネットで品ぞろえをカバー。経費や在庫を抑えた小型店に活路を見い出す。(古根川淳也)

 同店は1905年創業の老舗で、95年に同町中井の県道沿いに売り場面積約500平方メートルの大型店を開設。商店街の建物には本店として文具や事務機器も扱う外商部を置き、2本柱で経営を進めてきた。

 当時は車で買い物に行ける郊外型の店が主流の時代。当初は平日でもレジ客数が1日約300人あった。しかしネット書店の普及で外出せずに世界中の本が買えるようになると、客数は半分程度に減少した。大きな店は品ぞろえが充実する一方、売れ行きが悪い本が増え、人件費などの経費もかかる。客の減少に「郊外型の書店は需要がなくなった」と判断。地域活性化の取り組みが動き始めた商店街に戻ることを決めた。

 移転のため、明治初期に建てられた旧店舗をリフォーム。売り場面積は約70平方メートルに縮小し、外商部の事務員が店員を兼ねる。徒歩や自転車で訪れる子どもと高齢者にターゲットを絞り、参考書や絵本、グルメや健康関連の本などを中心に取りそろえた。出版物取り次ぎ大手のトーハンが運営するネット書店を使い、約100万点の本を送料無料で店頭購入することもできる。

 同店の安井唯善社長(59)は「大手のネット書店に対抗しつつ、通学帰りの学生に本やCDを手にして選ぶ楽しみも提供できる。書店が生き残る道は地域密着」と話し、「昔の商店街はさまざまな店が集まり人を呼び込んだ。この本屋がそんなきっかけになれば」と期待した。

 午前10時~午後7時。日曜祝日休み。同店TEL0790・62・0700

西播の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 34℃
  • 16℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 10%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ