西播

  • 印刷
定期演奏会でオペレッタなどを披露する赤穂市児童合唱団=赤穂市民会館(同合唱団提供)
拡大
定期演奏会でオペレッタなどを披露する赤穂市児童合唱団=赤穂市民会館(同合唱団提供)

 小中高校生が参加する赤穂市児童合唱団が17日午後2~4時、市文化会館小ホール(兵庫県赤穂市中広)で第43回定期演奏会を開く。世界の国々の歌やグリム童話「白雪姫」を基に創作したオリジナルオペレッタなどを披露する。3月24~30日には、姉妹都市の豪州・ロッキングハム市へ演奏旅行する。

 同合唱団は1975年に発足。現在、小3から高3の18人が所属する。昨年3月には合唱組曲「地球が輝くために」を東京で披露。録音はCDとなり、全国の小学校の手本となった。

 演奏会は団歌や団のオリジナル曲「愛する街~赤穂」「旅立ち」など約30曲を演奏する。オペレッタで白雪姫役の松本彩さん(18)=龍野高3年=は「少人数でも一人一人が役割を持って練習した成果を出したい」、王子役などを務める森山小夏さん(18)=赤穂高3年=は「人見知りしなくなり友達が大勢できた。楽しんで歌いたい」と意気込む。

 演奏会は無料。申し込み不要。団員も募集(小1から)。赤穂市民会館TEL0791・43・7450

(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 17℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 20℃
  • 40%

お知らせ