西播

  • 印刷
仮装で白銀の世界を楽しむ参加者=宍粟市千種町西河内
拡大
仮装で白銀の世界を楽しむ参加者=宍粟市千種町西河内
仮装で白銀の世界を楽しむ参加者=宍粟市千種町西河内
拡大
仮装で白銀の世界を楽しむ参加者=宍粟市千種町西河内

 兵庫県宍粟市千種町西河内のちくさ高原スキー場で3日、恒例の「ちくさ高原雪まつり」が開かれた。アニメのキャラクターなどの格好をして滑る「仮装大会」もあり、参加者は仮装で白銀の世界を楽しんでいた。

 午前10時半ごろ、アニメのアンパンマンやドラゴンボールなどの着ぐるみを身にまとった参加者らがパノラマコースに集合。受け付けを済ませると、リフトに乗って同コースを滑走した。中には慣れない格好で転倒する参加者もいたが、リフトの乗客に手を振りながらさっそうと降りてきた。

 オオカミのかぶり物で滑走した姫路市の女子大学生(20)は「周りの人に注目されながら滑れて楽しかった」と笑顔だった。(河尻 悟)

西播の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ