西播

  • 印刷
棚橋純子さんが作った「相生懐古以呂波加留多」
拡大
棚橋純子さんが作った「相生懐古以呂波加留多」
相生地区の魅力を伝える相生小6年生=相生市川原町
拡大
相生地区の魅力を伝える相生小6年生=相生市川原町

 相生小学校(兵庫県相生市川原町)6年生15人が、校区の歴史や名所を紹介するガイドに取り組んでいる。同市相生地区の郷土史家が作った「相生懐古以呂波加留多」に取り上げられた寺社や伝説、人物を調べる中で、「大好きな相生の町を皆に知ってほしい」と、本年度から「伝える」をテーマに活動を始めた。3月末にはガイド本を完成させる。

 かるたは絵札、読み札計96枚で、1993年に棚橋純子さんが相生公民館長からの依頼で作った。棚橋さんは相生地区に生まれ育ち地元の歴史研究会に所属。市立歴史民俗資料館の月報に寄稿していた。昨年8月に89歳で亡くなった。

 相生小学校では2011年度から毎年6年生が、棚橋さんのかるたを使った郷土学習を続ける。本年度から写真や紙芝居、地図を示しながら住民や下級生らに説明。答えられなかった質問は、改めて現地に足を運び周辺住民に話を聞いた。

 2月下旬のガイドツアーでは、鎌倉時代の領主海老名氏が創建した天満神社や昭和初期に建てられた映画館跡地、カッパがすむと言われる角谷池など15カ所を住民たちと巡った。

 「海老名氏は相模の国の生まれだったので、新しい領地を相生と名付けた」「危険な池に近づかないように、子どもの安全を願う大人たちの思いがカッパ伝説をつくりだした」と豆知識も披露した。

 6年生は「棚橋さんのかるたで勉強をして相生の町が前よりも好きになった」と声をそろえる。ガイド本は、相生地区の公民館や市文化会館、JR相生駅前の観光案内所などに配布する予定。(敏蔭潤子)

西播の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 32℃
  • 25℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 50%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ