西播

  • 印刷
「オオガハス・ハナショウブ園」の完成を喜ぶ住民ら=上郡町金出地
拡大
「オオガハス・ハナショウブ園」の完成を喜ぶ住民ら=上郡町金出地

 金出地ダム(兵庫県上郡町金出地)直下の水辺公園にある水車小屋近くに、住民ら手作りの「オオガハス・ハナショウブ園」が完成した。公園は美しいしだれ桜が咲き誇るほか、千種川の支流「鞍居川」で魚捕りや水遊びもできる自然豊かな親水空間。若者にも来てもらおうと、住民らはハート形の池も造った。「新たな地域の魅力として発信したい」と意気込む。(河尻 悟)

 同園は、地元住民でつくる「鞍居地区ふるさと村づくり協議会」が、水車小屋の南に広がる農地約2・8アールに整備。ハート形の池は縦横約6メートル。会員制交流サイト(SNS)に取り上げられてほしいと願う。

 21日には、住民や上郡高校生ら約50人が集まり、水を張る前の池で記念撮影。看板を手に完成を祝った。参加者は、長靴姿でスコップなどを手にし、農地にはハナショウブ5種計約200本、池にも大賀ハス約20株やスイレン4株を植えた。ハナショウブや大賀ハスは、交流のある佐用町西新宿の「西新宿おじいちゃんとおばあちゃんの花しょうぶ園」から譲り受けた。

 同園代表の三枝正雄さん(74)は「金出地でも立派なハナショウブが咲いて、交流の輪が広がればうれしい」と話した。

 水辺公園周辺では、希少植物の移植や植栽も住民主導で進む。同協議会の河井正人会長(68)は「より多くの人が訪れ、地域のにぎわいにつながればうれしい」と期待した。

 播磨自動車道の播磨新宮インターチェンジから西へ車で約10分。同協議会TEL0791・54・0017

西播の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 10%

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ