西播

  • 印刷
桜に彩られたステージで披露された獅子舞=神河町東柏尾
桜に彩られたステージで披露された獅子舞=神河町東柏尾

 兵庫県神河町東柏尾の桜華園で6日、桜を借景にステージショーや食事が楽しめる恒例の「さくらまつり」が始まった。今年は特設ステージ周辺の木がちょうど満開に。ぽかぽか陽気の花見日和にも恵まれ、家族連れら約1600人でにぎわった。7日まで。

 同園は旧神崎町がふるさと創生1億円を利用し、大嶽山(標高260メートル)山麓を約15ヘクタールにわたって切り開いて1996年にオープンした。研究施設を除いて国内で2番目に品種が多いという240種類約3千本が植わっており、地元住民でつくる桜華園管理組合が丹精している。観賞期間が長いのが特長で、今年は4月下旬ごろまで咲いていく見通しという。

西播の最新
もっと見る