西播

  • 印刷
伊達直人を名乗る男性が寄贈し、赤穂市民病院の中待合室に置かれたロビーチェア=赤穂市中広
拡大
伊達直人を名乗る男性が寄贈し、赤穂市民病院の中待合室に置かれたロビーチェア=赤穂市中広
伊達直人を名乗る男性が寄せた似顔絵=赤穂市中広、赤穂市民病院
拡大
伊達直人を名乗る男性が寄せた似顔絵=赤穂市中広、赤穂市民病院

 漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人を名乗り、児童養護施設にクリスマスケーキなどを贈ってきた男性が、兵庫県赤穂市中広の赤穂市民病院に外来患者が座るロビーチェア4台(69万円分)を寄贈した。同病院2階の循環器科や泌尿器科などの中待合室に置かれた。早速、患者がゆったりと座って利用を始めた。

 男性は神戸新聞社に対し「救急外来でお世話になり、市民病院の医師らに助けられた」と話していた。病院関係者から「中待合室の椅子が傷んで見苦しいが、購入する予算が付かなかった」という話を聞き、寄贈を決めた。肘掛け付きで3人掛けと2人掛けの2台ずつが診察室の前に置かれた。これまでは1人掛けの硬い椅子を使っていた。

 藤井隆院長は「伊達直人さんから5月ごろ、職員に対する感謝の気持ちとお礼の言葉をつづった手紙が届き、職員にメールで知らせていた」と振り返り、「市民病院が患者の皆さまに支えられていると再認識させられた。大切に使い、機会があれば、会ってお礼を言いたい」と感謝した。

 男性は「地域医療の中核病院として貢献し、全ての患者に思いを寄せる『恕』の精神をいかんなく発揮してほしい」と希望した。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ