西播

  • 印刷
非常ボタンの使い方を実践する児童=姫路市飾西
非常ボタンの使い方を実践する児童=姫路市飾西

 鉄道の仕組みを実際に見てJR姫新線に愛着を持ってもらおうと、JR西日本は5日、姫路鉄道部余部車両基地(兵庫県姫路市飾西)で小学生を招いて見学会を実施した。たつの市立小宅小学校と新宮小学校の4年生計約170人が参加し、運転士や車掌の仕事を体験したり、踏切での緊急対応の仕方を学んだりした。

 児童たちはレールを支える枕木にくぎを打つ体験や、車掌の服と帽子を身にまとい、実際に使われている車両に乗り込み車内アナウンスをするなどした。踏切の様子を再現し、踏切内に人が倒れていると想定した場面では、児童たちは恐る恐る非常ベルを押した。

西播の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ