西播

  • 印刷
12月に25周年を迎える智頭急行
拡大
12月に25周年を迎える智頭急行
9月から予約制で販売される駅弁「チーズいなり寿司」
拡大
9月から予約制で販売される駅弁「チーズいなり寿司」
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 第三セクター鉄道、智頭急行(兵庫県上郡町~鳥取県智頭町、56・1キロ)が今年12月で開業25周年を迎える。京阪神と鳥取を最速で結ぶ看板特急「スーパーはくと」が業績をけん引。播磨、美作、因幡を結ぶ基幹路線として定着し、経常黒字は実に21年連続となる。ここへきて地元の足となる普通列車の乗客数も上向いてきた。快走の秘密を探ってみよう。(加藤正文)

 智頭線の旅の魅力をアップさせようと、同線初の駅弁として「チーズ駅弁」が開発された。9月1日の発売開始を前に、8月の日曜日に上郡駅で、「ミニチーズ駅弁」を乗客に無料配布する。

 企画したのは、岡山県西粟倉村の社団法人チーズ観光協会。「智頭線をチーズ線に」とのキャッチフレーズで、グルメ列車チーズエクスプレスなどを主催している。

 新たに開発したチーズ駅弁は、佐用町特産のもち大豆と、佐用高校の生徒が育てた野菜を用いた「チーズいなり寿司」。今後、沿線各地の特産物を生かしたチーズ味の弁当を順次開発する予定。

 ミニ駅弁の無料配布は、8月4、11、18、25日の午前10時~午後1時半。上郡駅で乗車する人にプレゼントする。

 9月からの販売は予約制。申し込みはTEL080・4556・0082か、インターネット(https://www.cheese-express.info/ekiben)で1カ月前から受け付ける。

西播の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ