西播

  • 印刷
関西福祉大生らとたこ焼き作りを楽しむアレック・トンプソンさん(右から2人目)=赤穂市新田
拡大
関西福祉大生らとたこ焼き作りを楽しむアレック・トンプソンさん(右から2人目)=赤穂市新田

 兵庫県赤穂市新田の関西福祉大学で2日、国際交流事業に参加した英国の大学生が同大学での最終日を迎え、たこ焼き作りやお別れパーティーで学生と交流した。

 英国のオックスフォード、ケンブリッジ両大学の学生が参加する「オックスブリッジ英語サマーキャンプ」の一環で、関西福祉大は県国際交流協会を通じ初めて受け入れ。7月21日からケンブリッジ大法学部2年のアレック・トンプソンさん(20)が赤穂市内の3カ所でホームステイし、花岳寺近くにできた「加里屋旅館Q」にも1泊した。

 関西福祉大生の希望者に英会話を指導し、剣道を体験。学生が地域貢献活動として上郡町で続ける限界集落での買い物支援や重度障害児の姫路城登城支援にも参加した。県立大神戸商科キャンパスであと2週間活動して帰国する。

 トンプソンさんは「移動スーパーの買い物支援は住民が商品を見て買えるのでとてもいい。姫路城の登城支援も意義深い」と振り返り「赤穂は山や海に囲まれ、みんな親切。次に来る後輩に伝えたい」と話した。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ