西播

  • 印刷
牟礼正稔市長(左)から委嘱を受けた三浦麻子・大阪大大学院教授=赤穂市役所
拡大
牟礼正稔市長(左)から委嘱を受けた三浦麻子・大阪大大学院教授=赤穂市役所

 兵庫県赤穂市は、市政特別アドバイザー制度を新設し、同市出身で、大阪大学大学院人間科学研究科の三浦麻子教授(49)=社会心理学=に委嘱した。町づくりの政策推進で提言を受ける。

 三浦教授は赤穂小、賢明女子学院中高を経て大阪大学人間科学科を卒業。同大大学院で学んだ後、関西学院大文学部教授などを務めた。過去2回の赤穂市長選で有権者の投票行動を調査し、3月には「社会意識に関するアンケート」を市民対象に実施した。

 牟礼正稔市長とは5月に面会し、「赤穂への恩返しを」と原則として無報酬の役割を引き受けた。三浦教授は「研究成果を生かす上でありがたい。(人口減少の中)地元の人が積極的に議論し、健全な形で古里が維持できるように」と願った。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ