西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 標高19メートル。階段と土の道を上がると1分で頂上に着く。千種川河口、兵庫県赤穂市御崎の赤穂海浜公園近くの県内で最も低い山、唐船山(からせんやま)。高さは最低でも、瀬戸内海を見渡す風景は最高だ。晴れの日は青い海と空が広がり、家島諸島や小豆島を望める。

 昔、中国の唐の船が沈没し、土砂が上にたまって島になり、やがて陸続きになったと伝わる。市民がテーマ曲を作り、毎年6月には県立山の学校(宍粟市)の生徒が千種川沿いに源流から77キロを2泊3日かけて歩き、唐船山でゴールする。足の痛みをこらえ、完歩した生徒が味わう絶景。源流から遠い山の頂はインスタ映えするだけではない。低くても歴史ロマンが詰まっている。(坂本 勝)

★神戸新聞公式ツイッターはこちら

西播の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ