西播

  • 印刷
DJライブのポスターを手にする岡本備館長=赤穂市加里屋
拡大
DJライブのポスターを手にする岡本備館長=赤穂市加里屋

 兵庫県赤穂市加里屋のビートルズ文化博物館は24日正午~午後4時、ビートルズとロック音楽のDJライブ「マッド・デイ・アウト」を同館で開く。ビートルズの素晴らしさを若い世代にも広めようという試みで西播在住の若者3人がディスクジョッキーを務める。

 神戸や姫路などでDJを務めるyan(ヤン)こと、片山大樹さん(31)=赤穂市=らが同館の岡本備館長(69)と知り合い、花岳寺通商店街の土曜夜店で7月、同館による「ビートルズ・ロックンロール・ダンスパーティー」でDJ役となった。

 ビートルズの名曲や1960~70年代のロックなどを紹介。「こんな閑静な商店街でやって大丈夫か」と緊張したと言うが、子どもから大人までが踊る盛り上がりに。「ビートルズのすごさに感動した」と振り返る。

 片山さんは「赤穂にも音楽好きな若者が集まり遊べる場を作り、DJ文化も伝えたい」と意気込む。岡本館長は「ビートルズを広く知ってもらう機会になる。家とは違う開放感の中、気軽に歌い踊って」と話す。

 500円。同館は電話を置かず、フェイスブックで情報発信している。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ