西播

  • 印刷
飛べない鳥エミューに触れる親子連れら=宍粟市山崎町中広瀬
拡大
飛べない鳥エミューに触れる親子連れら=宍粟市山崎町中広瀬
大きなケヅメリクガメにまたがる幼児=宍粟市山崎町中広瀬
拡大
大きなケヅメリクガメにまたがる幼児=宍粟市山崎町中広瀬

 動物たちに触れ合って命の大切さを学ぶ移動動物園「ようこそ!宍粟どうぶつ園へ」が31日、兵庫県宍粟市山崎町中広瀬の夢公園で開かれた。ケヅメリクガメなど22種類80匹の動物に触れられる三つのブースが設けられ、約千人の親子連れらでにぎわった。

 市人権教育促進連絡協議会が主催した。牧場動物コーナーでは、オーストラリア原産の飛べない鳥「エミュー」や、ウシ、ヒツジなどが柵の中で放し飼いにされ、子どもたちはエミューの羽を触って枯れ葉のような感触を楽しんだ。

 爬虫類コーナーでは、体重約60キロもあるケヅメリクガメがのそのそと歩き、幼児が甲羅にまたがって記念撮影した。同市の女児(5)は「大きなカメさんに触るのは初めて。歩いたら力強かった。仲良くなれたかな」と笑顔を見せていた。(古根川淳也)

西播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ