西播

  • 印刷
真っ赤に実ったリンゴをもぎ取る親子=宍粟市波賀町原
拡大
真っ赤に実ったリンゴをもぎ取る親子=宍粟市波賀町原
真っ赤に実ったリンゴをもぎ取る親子=宍粟市波賀町原
拡大
真っ赤に実ったリンゴをもぎ取る親子=宍粟市波賀町原

 都市部の住民に兵庫県宍粟市の魅力を体験してもらうツアーが21日、「原観光りんご園」(同市波賀町原)などであった。神戸や阪神間から9家族22人が参加し、実りの秋を満喫した。

 県内の過疎地を応援しようと、JA兵庫信連(神戸市)が人口減少の進む宍粟市での開催を企画し、同市やJAハリマなどの協力を得て実施した。

 今回は、田植え教室の参加者が5月に植えた稲を刈り取った後、原観光りんご園ではリンゴ狩りやバーベキューを楽しんだ。

 子どもたちは、真っ赤に実った品種「紅将軍」をもぎ取ると、口を大きく開けてかじりついた。西宮市・大社小1年の女児(6)は「一番真っ赤なリンゴを取った。甘くておいしい」と顔をほころばせた。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ