西播

  • 印刷
見頃を迎えたヒガンバナ=佐用町下石井
拡大
見頃を迎えたヒガンバナ=佐用町下石井

 兵庫県佐用町下石井の下石井八幡神社周辺で、ヒガンバナが見頃を迎えている。山あいの丘にたたずむ鳥居を彩るように、真っ赤な花が風に揺れている。

 鳥居があるのは本殿から少し離れた国道373号沿いの丘。9月中頃、ヒガンバナが斜面に沿うように咲き始めた。まだつぼみのものもあり、10月初めごろまで楽しめそうだ。

 最近はイノシシが鳥居周辺の球根を食い荒らすようになり、地域の住民らが柵を取り付けるなどの対策をとって、景観を守っているという。

 同神社の宮司、安藤直彦さん(72)は「地域住民が手入れしてくれるおかげで今年も咲いている。鳥居とヒガンバナの独特の雰囲気を楽しんで」と話す。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ