西播

  • 印刷
演劇祭の舞台に向け、練習に励むメンバー=たつの市内
演劇祭の舞台に向け、練習に励むメンバー=たつの市内

 詩人三木露風の母、碧川かた(1872~1962年)の生涯を題材に昨春、兵庫県たつの市の有志が創作した市民劇「赤とんぼよ 永遠に」が11月9、10日、鳥取市で開催中の「鳥の演劇祭」で上演される。幼い露風との悲痛な別れ、女性の自立や救済に生きる道を見いだす人生の軌跡を、かたの古里で初めて熱演する。

 同祭は国内外で活躍するプロアマの演劇人が一堂に会し、今年で12回目。かたを顕彰する鳥取の団体の紹介で、招へいプログラムとして上演が決まった。

西播の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ