西播

  • 印刷
炎を上げる護摩壇の周囲を歩く参拝客ら=小宅寺
炎を上げる護摩壇の周囲を歩く参拝客ら=小宅寺

 暦の上で冬が終わる節分に合わせ、兵庫県たつの市龍野町片山の小宅寺で2日、柴燈大護摩供法要が営まれた。檀信徒ら約800人が訪れ、立ち上る炎の周りを歩いて1年の家内安全や無病息災を祈った。

 同寺で鎌倉時代ごろから続く伝統行事。戦時中は一時途絶えたが、戦後に復活し、春の風物詩として親しまれている。

西播の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 8℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ