西播

  • 印刷
ヒップホップを通した健康づくりワークショップに参加する「ジギービー」のメンバー(阿部裕彦さん提供)
拡大
ヒップホップを通した健康づくりワークショップに参加する「ジギービー」のメンバー(阿部裕彦さん提供)

 ヒップホップダンスを通じた健康増進を目指し、兵庫県内各地で活動するダンスグループ「ドゥーイット」(同県加西市、阿部裕彦代表、7人)が8日、さよう文化情報センター(佐用町佐用)でワークショップを開く。佐用での開催は初。同グループの指導を受けて福崎町で発足したシニアダンスグループも登場。阿部さん(46)は「高齢者や初心者の方も気軽に参加して」と呼び掛ける。

 ドゥーイットは2003年の結成で理学療法士とプロダンサーが協力し、ヒップホップの動きを取り入れた健康体操を考案。阿部さんが中心となり、県内各地で体験イベントを開く。福崎町では、阿部さんの指導を受けた女性たちがグループ「ジギービー」を結成。着物にアフロの派手な姿で活動している。

 今回のワークショップにはジギービーのメンバーがサポートインストラクターとして参加。阿部さんは「メンバーと交流してもらい、佐用でもダンスの輪が広がるような流れを作っていきたい」と話す。

 2部制で第1部(午前9時45分~)は60歳以上を対象に日常生活に取り入れられるステップを、第2部(午前11時~)では子どもから大人までを対象にムーンウォークなどを教える。参加無料。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(7月13日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ