西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染拡大は、市民の家計だけでなく、企業や店舗の経営にも大きな影響を及ぼしている。兵庫県の姫路・西播の5市6町の多くは、国の「持続化給付金」などの対象から漏れた事業者への緊急支援として、現金を給付する。地域の飲食店などの利用増を狙うプレミアム付きのチケットも、続々と発行が計画されている。

■緊急支援

 中小企業や個人事業主を対象に国が打ち出した「持続化給付金」は、売り上げの半減が条件。県の「経営継続支援金」も、休業要請などに応じた事業者が対象で、二つの給付制度に当てはまらないケースも出てきている。

 こういった事態を念頭に、売り上げの減少幅の条件を20~30%まで引き下げて現金を給付する自治体が多い。市川、神河町は、法人と個人事業主で金額を分けて支払う。佐用町は具体的な基準を設けず、「売り上げ減や経営に支障を来している事業者」などとしている。

 早期給付を目指す姫路市は、売り上げ減を要件から外し、県の休業要請などに応じた事業者をまとめて対象としている。

■プレミアム

 時短営業や外出自粛の影響が色濃く出ている飲食店などに対しては、プレミアム付きチケットで支援する動きが広がっている。

 姫路市と相生市、佐用町は、購入金額の10~40%分がお得になる飲食券などを企画。住民にとっても利点が大きく、地元店舗の売り上げ増が期待される。

 たつの市は6500円分を5千円で買える飲食券を企画し、1冊目に限っては千円で売り出す。検討していた水道料金の減免を断念したため、相当額を還元することにしたという。福崎町は、商工会員の登録店舗で使える既存の商品券で、プレミアム率を10%から20%へと引き上げる。

 宍粟市と市商工会は、テークアウトや宅配を手掛ける飲食店に対し、客に手渡す200円割引のクーポン券を配布。250枚、5万円分の割引総額も店側に先払いすることで、資金繰りに負担をかけないようにする。

 このほか、県の補助を利用した商店街のプレミアム付き商品券も、姫路市や赤穂市などが計画している。

西播の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ