西播

  • 印刷
流しそうめんに挑戦する子どもたち=たつの市神岡町奥村
拡大
流しそうめんに挑戦する子どもたち=たつの市神岡町奥村

 揖保乃糸(いぼのいと)資料館「そうめんの里」(兵庫県たつの市神岡町奥村)が20日、長さ約8メートルのスライダー式流しそうめん台を館内のレストランに設置した。親子連れらが次々に体験し、捕まえた麺を笑顔ですすっていた。

 同館は「揖保乃糸」で知られる県手延素麺(てのべそうめん)協同組合が運営。そうめんの歴史や製造工程をパネルや道具、人形や映像で紹介する。

 流しそうめん台はプラスチック製で、1階の「レストラン庵(いおり)」の中庭席に新設。これまでドーナツ型の容器の中でそうめんを水で回す機械はあったが「回しそうめんやん」との声もあり、昔ながらの流し方を体験してもらおうと導入した。

 利用者が「いくよ」の掛け声でそうめんを流すと、待ち構えていた子どもたちは「取れた」と歓声を上げながらお箸ですくっていた。家族3人で来た神戸市立雲中小1年の男児(6)は「意外と速かった。満腹だけどもっとやりたい」と満面の笑みだった。

 レストランの営業は午前11時~午後9時(流しそうめんは同4時まで)。同館TEL0791・65・9000

(地道優樹)

西播の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ