西播

  • 印刷
のじぎく賞を受けたJR西日本姫路電気区の5人=赤穂署
拡大
のじぎく賞を受けたJR西日本姫路電気区の5人=赤穂署

 交通事故で転倒した大学生の女性(20)を救護したとして、兵庫県警赤穂署はJR西日本社員の5人に県の善行賞「のじぎく賞」を贈った。

 橋本茂さん(37)▽筒井隆之さん(34)▽竹重優也さん(30)▽井口翔太さん(30)▽一ノ瀬拓海さん(26)-で、いずれも姫路電気区(姫路市豆腐町)に勤めている。

 5人は6月30日夕、踏切工事を終え、赤穂市黒崎町の国道250号を車で通り掛かった際、「バーン」という音で、ミニバイクの女性と乗用車の衝突事故に気付いた。バイクごと倒れた女性が動けなかったため、119番と110番通報。女性を歩道へ誘導し、後続車の交通整理をしながら救急車やパトカーの到着を待った。女性は腰の打撲など軽傷で済んだという。

 竹重さんは「命が大切。大きなけがでなく本当に良かった」、橋本さんは「公共交通に携わっており、今後も率先して行動したい」と話していた。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ