西播

  • 印刷
職員の逮捕を受けて謝罪する遠山寛上郡町長(右から2人目)ら=15日夜、上郡町役場
拡大
職員の逮捕を受けて謝罪する遠山寛上郡町長(右から2人目)ら=15日夜、上郡町役場

 公平、公正が求められる公共事業の入札に疑いの目が向けられた。設計金額を業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反などの疑いで兵庫県上郡町職員の男(48)が逮捕された15日、遠山寛町長らが緊急会見を開き、「行政への不信を招く事態となり、おわび申し上げる」と陳謝した。

 町や県警によると、男は2016年4月から2年間、県西播磨県民局の光都土地改良センター整備課に出向。ため池整備事業などの副担当として設計書のチェックなどを担っており、入札情報を容易に把握できる立場にあった。

 ともに逮捕された建設会社「郡工務店」社長(50)は中学、高校時代の先輩に当たる。庁職員の男が出向した時期から関係が深まったと県警はみており、複数の飲食接待もあったとする。

 会見には同センターの上田健史所長も出席。職員の男が出向中に携わり、郡工務店が落札した工事はほかに3件あったが、「いずれも落札価格などに不審な点はなかった」とした。

 16日には町役場と同県民局で県警の捜索もあり、庁内には緊張が走った。町は倫理行動規範を見直し、全職員対象の研修も実施して綱紀粛正を図る。(伊藤大介、勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 35℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ