西播

  • 印刷
白いはさみ脚を振り上げてアピールするハクセンシオマネキ=相生市内
拡大
白いはさみ脚を振り上げてアピールするハクセンシオマネキ=相生市内
白いはさみ脚を振り上げてアピールするハクセンシオマネキ=相生市内
拡大
白いはさみ脚を振り上げてアピールするハクセンシオマネキ=相生市内
白いはさみ脚を振り上げてアピールするハクセンシオマネキ=相生市内
拡大
白いはさみ脚を振り上げてアピールするハクセンシオマネキ=相生市内

 干潟の減少で希少になったカニの仲間ハクセンシオマネキが求愛の季節を迎えた。兵庫県相生市内の浜辺では、雄が白く大きなはさみ脚を盛んに振る「ウェービング」と呼ばれる光景が繰り広げられている。

 スナガニ科で甲羅の幅は約2センチ。左右一方のはさみが巨大化し、「白扇」で手招きするように見えることが名前の由来とされる。

 兵庫県版レッドデータブックは準絶滅危惧種のCランクに指定。近年は個体数や生息地が回復する傾向にあるという。

 姫路市立水族館によると、西播地域では相生、赤穂市内の干潟などに生息。相生湾の浜辺では、干潮になると巣穴から雄が続々と姿を見せ、白いはさみをひらひら動かして雌にアピールしていた。繁殖期は8月まで続くという。(小林良多)

西播の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ